あにまに

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

 ニノやユズ、モモも十分にめんどくさいが、それを囲むキャラたちもめんどくさい。

 この作品、めんどくさくないとメインにはなれないのか?

 難儀なアニメですね(´ω`)

 というわけで、覆面系ノイズ 6話「今日も明日も、歩く」の感想です。

難儀な人ばかり


 用意してたプレゼントを、ユズに譲るハルヨシ。

 自分でその場所を譲ったのに、愚痴り出す深桜。

 ふたりしてめんどくせぇ……(´ω`)
 自分の気持ちを殺して人に譲る。他人を、はたまた好きな人を想ってこその選択である。ただ、それでジメジメ後悔してるんなら、最初っから自分の気持ちに素直でいろって言いたくなる。ハルヨシにしてみれば深桜はユズが好き、深桜にしてみればユズはニノが好き……互いに互いの好きな人を知ってるからこその行動ではあるんだけども……。
 めんどくせぇふたりに比べて、ニノの単純さよwww
 モモのギターをもらって喜んだり、モモが泥棒猫と同棲(同居?)してると聞いて胸が痛くなったり……表現が単純で分かりやすすぎる。ふたりにニノのような感性があれば、こんな難儀な展開にはなってなかっただろう。

 とりま、深桜に関しては盛り返したようで何よりです。
 いろんなフラグを総合してモモのバンドに深桜が参加するんかな?
 これからの彼女の活躍に期待したいです。


評価:★★★☆☆


 前話の挿入歌をOPで使い回す……全く同じ曲、全く同じ映像なら、どっちかに絞れば良い。
 その使い方はアカンかった。

 それでも、全体の流れは良し。
 深桜の暴発、からの復活へという流れは面白かったです。

 イノハリとモモのバンドが対決? という流れも好ましい。
 次回以降も期待してます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL