あにまに

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

 パイセンが憧れの人だっただと!?

 ショウゲキノジジツデスネ(´ω`)

 とりま、甘くない玉子焼きなんてカスだ────と甘い派の人が言ってました。

 というわけで、スタミュ 高校星歌劇(第2期) 7話の感想です。

教科書通りな挫折


 今回の本流は憧れのその人が鳳パイセンだったと知って身悶える星谷という話だろう。それはそれで面白かったし、料理担当がアホみたいな勘違いを繰り出す様はいつも通り滑稽で、衝撃の真実(?)をスタミュらしい面白おかしさで表現してました。
 ただ、注目したいのは別にある。

揚羽、神に否定されて引きこもる。

 神様から「自分のコピーでしかない」と指摘されてしまい、引きこもるという常套コンボ。そうなる理由はよく分かるけど、あまりにも王道過ぎて苦笑いしかできない。
 ことすれば揚羽と星谷のしてることにそこまでの違いはない。鳳パイセンに憧れとその目標を語るのは「好きです」と言ってたようなもん。揚羽だって、神様とを完全模倣した姿を見せることで愛を伝えようとしていたんだと思う。
 そんなふたりで違ったのは、憧れにどう追いつこうとするかの違いか……。
 同じ舞台に立つため、自分らしく努力する星谷。
 神の通った道を辿り、中身すら神に真似ようとする揚羽。
 後者は個性がない時点で面白味に欠け、結局は劣化版という未来しかない。
 その立場になって考えてみればしょうがないことなんだけど、星谷にたいしてどこか見下したような……偉ぶった態度をしてただけに、この引きこもりに転職した姿は情けないにもほどがないな。


評価:★★★☆☆


 星谷と揚羽を比べることで、ふたりの憧れに対する向き合い方の違いを明確にする話で、その違いが面白味だったと思います。
 大オチは大体察せれるけど、それはそれでスタミュらしい単純さで良い。
 料理担当の葛藤も笑えたんで面白かったです。

 楽曲パートを担当した3人の選抜だけは「今なの?」って疑問がある。
 今回の活躍っぷりなら、対抗意識に着火した前回・前々回でいいんじゃね、と。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL