あにまに

深夜アニメを中心としたアニメ感想ブログです。

 ひなこのーと 6話「めいどとおばけとゆめのぶたい」の感想です。

 いよいよ本番のとき。
 楽しみですね、ひな子の乳揺れ!!

※赤字はあくまでも視聴者の本音を代弁しただけです。私個人の意見ではありません。

 蔑みの視線を私から反らしたところで、本題。

 面白かった!!


 スタートは文化祭前日から。
 今日の1話で本番までいくのに、前日からスタートでは収まりきらないのではないか? 前日談なんてイラナイ子! と思ったけど、全体的な流れとして重要な前日でした。
“練習の集大成(前日)→真っ白(直前)→才能爆発(本番)”という流れ、完璧を見せてからトチる様がひな子らしく、それは前日の完璧さがあってこそ光ったと思う。前日談に時間を割いたおかげで本番の演劇シーンの大半がダイジェストっぽくなったけど、十分に光る話になっていた。

 そして、いざ本番。
 危うさを残していたひな子が見せた、いや……魅せたアドリブが熱い。ゆあの失敗をひな子がアドリブでフォローという構図が感慨深く、面白かった。
 本番でカカシになる描写がゼロというのはどうなんだって思うけど、その気持ちを払拭するようなアドリブ……。ひな子だけじゃなく、真雪もセットでその流れと舞台に乗る姿は鳥肌もんです。カカシが天職だと思ってた素朴な少女だったのに、今ではその才能に惚れられずにはいられなかった。最高に輝いてる舞台、良い話でした。

評価:★★★★☆


 予想とは全く違う道を進んだけど、今回のが正解と思える。
 改めて面白かったです。

 待ちに待った演劇の本番。
 6話もかかったからこそ期待が高まってたんだけど、ちゃんと応えてくれる話だった。

 メイド喫茶を紹介する真雪は可愛かったしな!!

 衣装verのひな子も可愛かったしな!!

 くいなとゆあは……どうでも良いな。

 いろいろ書いてきたが、ひな子のオッパイを注視してたのは黙っておこう。
 私の株が大暴落するからwww


 最後に。

 真雪がアドリブで舞台に上がらなかったら、大家さんがやろうと思ってたという件。

 ジャージ姿であそこに乱入という地獄絵図も見てみたかったな(´ω`)


 次回は水着回?
 ポロリに期待してます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL